終わりなきカスタムの道。

終わりなきカスタムの道。
なぜ病気のようにカスタムを続けてしまうのだろうか??

カスタム車に乗りたい人はショップやビルダーが作ったカスタム車を買って終わり。あとは乗ればイイ。

でもカスタムしたい人はず〜っとカスタムし続けるんだろうね。
そのバイクを降りるか金銭的余裕がなくなるかしない限りは。
b0095169_1454474.jpg


カスタムって恋愛や結婚と同じで最初は新鮮でも
毎日眺めているうちに「当たり前」になってくる。
そうすると新しい刺激が欲しくなる・・・の繰り返し。
バイクは趣味性が高いから常に刺激が欲しくなるのかも。
特にエンジン系のチューンは目に見えない部分。
カスタム当初は「速くなった!!」って思っても
そのうち「速い」のが当たり前になってもっと過激なチューンをしたくなる。




ちなみにカスタムしたがりには「見た目系」「機能重視」の2種類があり、
その中でもさらに細分化された何種類かのパターンがある。

☆見た目系カスタム
・ユーロ(ハイテック)系:最新のハイテクパーツで武装する見た目系の最右翼。ヘタすると成金臭くなる。

・旧車系:見た目を旧車的にするカスタム。だったら旧車に乗ればいいじゃん!は禁句。

・純正系:ハーレーが自ら開発販売する純正カスタムパーツによるカスタム。
フィッティングは抜群だがカスタム感薄くね?

・チョッパー系:映画イージーライダーよろしくな感じからフリスコ的なイマドキ系も含まれる。魂について語りだすメンドクサイ人種。

・ドラッグ系:いわゆるストリートドラッグは見た目だけ。そんなに速くは走れない。ホットドック河北が神。センス古い。
=====================================
☆機能重視カスタム
・エンジン中心系:とにかくボア&ストロークUP!どこまでもチューンし続ける。でもそんなに飛ばす機会ない。

・足回り中心系:峠命のこのタイプ。レーサーレプリカブームの世代に多い。
所詮ハーレー。国産にはついて行けないのを腕でカバーするのが夢。

・積載系:荷物をいかにたくさん積めるように出来るかがキモ。キャリアを自作するのが基本。愛読書は「VIBES」。おしゃれは苦手。




カスタムはほどほどに。
(冗談として読み飛ばして下さいね(^^ ;  )
[PR]
by Dr_COBA | 2008-05-23 14:55 | ハーレー
<< ライトカスタム 黒 >>